何年たっても自慢の家
何年たっても自慢の家

夫婦それぞれのこだわりを叶えることができて家づくりが楽しかった!


当時、住宅メーカーをいくつも見たけれど、雑誌で富士住建を知り実際ショールームを訪れ、他では叶わないようなものが標準装備だったことが決め手となったというOさん。

「キッチン横の壁は、構造上必要なものだったけれども、塞いでしまうのはもったいないので通り抜けられるようにしました。












実際に住んでみて、リビング側からキッチンカウンターが丸見えにならず、ちょうどよい目隠しになっています。

当時幼かった子ども達の様子がキッチンから見えることも助かりました。」と奥様。

















家が建った当時2歳半だった子ども達も、今は中学生となり、最近は奥様と一緒に季節ごとに飾り付けをしたりして楽しんでいるようです。

「家が建ってもう11年経ちましたが、不満もなく、今でも自慢できる家です。

それは注文住宅で、建てるときに自分達も色々考えてこだわりを活かしたからだと思います。」とご夫婦そろって楽しそうに話してくれました。



夫婦で一目ぼれしたキッチンは、今では子供達もお気に入りの場所になりました。

家を建てることを決めてから、たくさんの住宅会社や展示場を回りました。

住宅展示場はどこも素敵だけれど、度を超えた広さが立派すぎて身近に感じることができませんでした。

富士住建に決めたのは、ショールームを見たときに「こんな家が建ったらいいな」とリアルに想像することができたからです。










料理が好きなので、キッチンにはこだわりたかった。

夫婦揃って一目惚れした赤いキッチンは広々としてとても使いやすく、対面型は子どもの様子を見ながら料理ができ、また、ママ同士のお茶会の時にはダイニングテーブルとの距離が近く気さくな雰囲気が作れます。

家を建てた頃は赤ちゃんだった長女も近頃はこのキッチンで簡単な料理やお菓子を作り、娘たちにとってもお気に入りの空間となったようです。









大地震の際にも不具合は何もなく、小さな地震ではほとんど揺れを感じません。

10年前に建った家にしては、しっかりした構造だと実感しています。また、親戚が遊びに来た際「のんびりできて居心地がいい」と言っていました。

娘たちも自分でお弁当を作り庭の芝生で仲良くピクニックをするなど、のびのび暮らしています。

一戸建てだから叶うものだと思います。

10年経った今も、大好きな我が家で何不自由なく過ごしています。



大切な犬たちと快適に暮らせるように建てた「完全フル装備の家」

夫婦二人で自由に設計した家は、営業担当にアドバイスをもらいながら、わがままも聞いてもらえてとっても快適な家になりました。

住み始めたころは4匹だった犬も、今では7匹に!庭のドッグランを毎日のびのび走り回っています。













以前のマンションでの暮らしと比べるとのびのびした毎日を過ごしています。

今の家は本当に遮音性に優れ、雨音も聞こえないくらい静かなので、リビングにプロジェクターとスピーカーを付けて、大音量で映画を楽しんでいます!











不具合は何もなく、10年目の住み心地も新築のときから全く変わっていません。

泊まりに来た友人からも「ホテルみたいでステキ」と好評です。 年を重ねるごとに愛着がわき、10年目の今でも自慢の住まいです!



大好きな我が家で音楽や友人とのパーティーを楽しんでいます。

以前のアパート住まいの時に、上の子のバイオリンの音で苦情がきましたが、子供達にはこれからも思いきり音楽を楽しんでもらいたいので、防音仕様の音楽室はマイホームに欠かせない要素でした。














大震災のときはカップボードの扉すら開かず、富士住建の耐震構造のすごさを実感しました。

また、今年の大雪でも問題は何もなかったのですが、富士住建からすぐに電話があり、アフター管理のきめ細やかさにも驚きました。
















家を建てる前には、いくつもの展示場をまわりましたが、自由設計のレベルと金額、そして営業担当が決め手となり富士住建を選びました。

もし他社を選んでいたら、こんなに希望通りの家はできなかったと思います。

毎年、年末行うパーティーや庭でのBBQなど友人とも楽しい時間を過ごしています。



本物にとことんこだわって建てた家。「時が経ち風格がでてきました。」

自然に囲まれた檜(ひのき)の家は温かみがあって見ていると安らぎ、畳はやっぱり落ち着きます。

富士住建の純和風住宅「檜日和(ひのきびより)」は、夏は涼しく冬は暖かく、日本の風土にあった家だと思います。

檜はまだ良い香りがするし、年月が経っても風格のあるきれいなピンク色が残っています。











営業・工務・大工、皆さん大変良い仕事をしてくれました。

特に棟梁さんは仕事にこだわりをもっていて、和室のむろの木の床柱は、柱の向きにも気を遣ってくれました。

格天井(ごうてんじょう)や欄間もイメージを伝えたら、それに合うものを探してくれました。













注文住宅だから、こだわりの多い私の希望をここまで実現することができました。

新築当時よりも、家が住んでいる私たちに馴染んできて、ずっと住みやすくなりました。
  • イベント情報
  • 完全フル装備の家、ショールーム
群馬
栃木
茨城
埼玉
東京
神奈川
千葉
  • 富士住建の家づくり
  • 資料請求はこちら
  • ショールーム予約