企業情報

その他の取り組み

創自(そうじ)活動

掃除を通じて自分自身で考え行動する。地域清掃活動と現場の1日5回清掃活動。

富士住建の森

和歌山県田辺市「富士住建の森」にて。植林活動を実施。

日本障がい者スポーツ協会オフィシャルサポーター

富士住建は、日本障がい者スポーツ協会を応援しています。

富士住建 端数クラブ

富士住建で働く、社員(パート含む)によって構成される社会貢献活動の取り組みです。

子育て応援企業
フルまるーむ

企業内保育所を埼玉、神奈川に設け、働く女性をサポート。

その他の取り組み

その他にも多くの社会貢献・取り組みを行っております。

創自(そうじ)活動

創自教育(地域清掃活動)

富士住建、創自教育の1つである、地域清掃活動は「自ら考え、感じ、気づいて行動できる人間の育成」をテーマとした環境美化&社会教育活動です。

毎週月曜日の朝の30分間、社長を筆頭に全従業員で本社、支店、ショールーム近隣を清掃。歩道や車道のゴミ拾いだけでなく、砂や砂利を集める掃き掃除や 草むしりなど、徹底した清掃活動を実施しています。雨天の場合は翌日に行う徹底ぶりで、この活動も14年以上継続して続けています。最初は「やらされている」感の あった従業員も自然と「自ら積極的にやる」に変わり、普段から道端にゴミが落ちていると気になってしょうがなくなるほどに意識が変わってきます。 また、掃除により挨拶や声掛けなど、自然と地域の人たちとのコミュニケーションが生まれ、地域社会との交流や地域美化による防犯など重要な役割を担っています。

  • 道を通る人に元気に挨拶

  • 傘の骨など大きなゴミも拾います

  • 落ち葉や花びらもキレイに掃除

  • 14年以上継続して行っております

  • 平成20年10月
    つくば市環境美化功労団体 表彰

  • 平成24年2月
    水戸市清掃功労団体 表彰

  • 平成24年2月
    埼玉県清掃活動 表彰

  •   
  • 平成26年12月
    横浜市清掃活動 表彰

挑戦!現場キレイ日本一

「現場キレイ日本一」を合言葉として建築に携わる全ての職人から現場監督まで一丸となり、建築現場の「1日5回清掃」を行っています。

建築工事現場の環境整備を行うことで、地域美化はもちろん安全で効率の良い環境が生まれます。1日5回清掃の徹底でこまめな清掃と整理を行うことで、木くずや廃材が散らからず一回の掃除時間が短く済み、掃除が容易になります。 周辺道路の清掃も行う為、近隣住民からの評価も高く、訪れた施主様もキレイな現場に大変喜ばれます。また、大切な家に傷がついたり、施工不備や事故・ケガを未然に防止。 さらには、一棟一棟職人や監督が工夫をこらし、現場キレイを行っており一人一人の意識向上にもつながっています。目標は玄関の土間にスーツで寝転がっても汚れない現場です。

  • 隅々までキレイに掃除します

  • トイレは常に清潔に

  • 建材は邪魔にならないように整頓

  • 入り口にはスリッパを設置

お客様の声

富士住建 端数クラブ

端数クラブ とは 富士住建で働く、従業員によって構成される社会貢献活動のしくみです

社員の毎月の給料および賞与から、100円未満の『端数』を集め、年間を通じて集まった資金と同額(マッチング・ギフト)が会社から 加算されます。年間の積立金は、社会福祉や災害地復興支援等、その時々の社会情勢を見極め、必要と思われる『寄付金』等、 有効に役立てます。

寄付実績
2015年10月~2016年9月までの一年間、富士住建『端数クラブ』で集まった金額は、270,441円でした。
そこへ会社からのマッチングギフト(同額)を足して、540,882円とその他の寄付金と合わせて1,038,631円を桜ラインへ寄付させて頂きました。
熊本市熊本城災害復旧支援金に30,000,000円を寄付させていただきました。
2014年9月、大船渡市教育振興寄付金 3,807,000円、陸前高田市 社会教育施設設備基金 6,193,000円、広島市 災害発生義援金(端数クラブ) 515,598円を寄付させていただきました。これからも家づくりと様々な取り組みを通して、震災復興を応援いたします。
2014年10月~2015年9月までの一年間、富士住建『端数クラブ』で集まった金額は、257,892円でした。
そこへ会社からのマッチングギフト(同額)を足して、515,784円を茨城県共同募金会台風18号災害、災害義援金へ寄付させて頂きました。
2013年10月~2014年9月までの一年間、富士住建『端数クラブ』で集まった金額は、257,799円でした。
そこへ会社からのマッチングギフト(同額)を足して、515,598円を広島市 災害発生義援金へ寄付させて頂きました。
2012年10月~2013年9月までの一年間、富士住建『端数クラブ』で集まった金額は、218,478円でした。
そこへ会社からのマッチングギフト(同額)を足して、436,956円を岩手県災害義援金募集委員会へ寄付させて頂きました。
2011年10月~2012年9月までの一年間、富士住建『端数クラブ』で集まった金額は、215,938円でした。
そこへ会社からのマッチングギフト(同額)を足して、431,876円を福島県災害義援金募集委員会へ寄付させて頂きました。
2010年10月~2011年9月までの一年間、富士住建『端数クラブ』で集まった金額は、211,585円でした。
そこへ会社からのマッチングギフト(同額)を足して、423,170円を岩手県災害義援金募集委員会へ寄付させて頂きました。
2009年10月~2010年9月までの一年間、富士住建『端数クラブ』で集まった金額は、167,226円でした。
そこへ会社からのマッチングギフト(同額)を足して、334,452円をNPOファミリーハウスさんへ寄付させて頂きました。
  • ファミリーハウスとは…
  • 小児がん等の難病治療のために、地方や海外から大都市の病院に来ている小児慢性疾患のお子さんと御家族の為の宿泊施設、疲れた心と身体を温かく迎え看病に専念できるよう、お使いいただける「もうひとつの我が家」です。
  • ファミリーハウス ホームページへ

富士住建の森

■和歌山県田辺市「富士住建の森」にて植林活動を実施

私たち富士住建は、和歌山県田辺市に「富士住建の森」をつくり、森林保全活動を行っています。2009年4月には、記念すべき最初の植樹活動を実施。
山の斜面を登り、1本ずつ植樹するというのは想像以上に大変な作業でしたが、 こうした活動を通じて自然に親しみ、その大切さを改めて実感することができました。 よい家づくりはもちろん、よい森づくりにも一生懸命取り組み、循環型社会の実現を目指します。

2009年4月 植樹を実施

■2013年6月 『富士住建の森』の下草刈りに行ってきました。

2009年4月に植えたヒノキの苗たち・・・。 60cm前後から、160cmと女の子の背丈くらいにまで成長していました。
梅雨明けから9月までは、山の雑草が生い茂る季節となります。 ヒノキは日当たりの良い場所を好むため、雑草をそのまま放っておくと、苗木の生育が妨げられ、生存すらできなくなってしまうこともあるそうです。
そこで、この季節は、苗木の周りの雑草を刈り取る作業(下草刈り)を約10年間続けなければなりません。 林業の仕事の中で最も過酷な作業といわれています。
わたしたちも、急勾配な山の斜面で下草刈りをしてきました。 暑さと雑草の量の多さにびっくり。 また、一歩間違えれば大ケガをしてしまう、危険と隣り合わせの作業でもあります。 1時間の作業で、もうヘトヘト。 森を守り、育てていくことの大変さを、身を持って体験することができました。
立派な山を育ててもらっている感謝の気持ちと、自然と共存していくことの大変さを忘れないようにします。

JPCオフィシャルサポーター

富士住建は、日本障がい者スポーツ協会を応援しています。

子育て応援企業

  • 埼玉フルまるーむ詳細はこちら
  • 横浜フルまるーむ詳細はこちら

その他の取り組み

その他にも多くの社会貢献・取り組みを行っております。

協賛活動

OFFICIAL PARTNER

株式会社富士住建は大宮アルディージャのオフィシャルパートナーです。
大宮アルディージャ公式サイト

「埼玉いのちの電話」に協賛

活動を支援するために、埼玉いのちの電話に広告掲載して協賛させていただいております。
社会福祉法人「埼玉いのちの電話」のホームページ

「交通遺児育英会あしながおじさん奨学金制度」に協賛

従業員より集められました募金を交通遺児の奨学金として寄付させていただきました。
財団法人 交通遺児育英会のホームページ

「ブラインドサッカー日本代表」に協賛

「ブラインドサッカー日本代表」を応援するために、社内募金を集い30万円の協賛金を送らせていただきました。
「日本視覚障害者サッカー協会」のホームページ

地域への取り組み

「AED(自動体外式除細動器)」の導入

本社1階と各ショールームにAED(自動体外式除細動器)を設置。
「AED普及協会」のホームページ
埼玉新聞掲載「富士住建がAED 地域での救命に備え導入」はこちらから

「普通救命講習」に参加

いつどこで緊急な事故が起こっても対応出来るように、社員全員が「普通救命講習」に参加、 AEDの使い方をはじめ、心臓マッサージや、人工呼吸の方法を学びました。

「こども110番の家」に協力

小さなお子様が安心して暮らせる街づくり、地域の子どもたちの安全と安心を確保するために「こども110番の家」に登録しております。

埼玉県地域防災サポート企業に登録

災害や事故が起きた場合に救援活動を行います。安心して暮らせる地域社会実現のために「埼玉県地域防災サポート企業」に登録しております。
埼玉県ホームページ
「埼玉県地域防災サポート」のページ

埼玉県ロードレポーター制度に登録

「私たちは、ボランティアで道路の損傷箇所を通報いたします。」
埼玉県ホームページ
「埼玉県ロードレポーター」のページ

大船渡市の学校グランド整備費用を寄付

大震災の被災地・大船渡市では多くの学校の校庭にいまだに仮設住宅が建設されて、子ども達が運動できる場所や機会が少なくなり、運動不足だけでなく、ストレスの蓄積等、心身の問題が心配されています。 富士住建では子ども達がのびのびと運動できるよう、大船渡市の少年用グラウンドの整備費用に760万円を寄付いたしました。 今後も様々なかたちで被災地の支援活動を続けていきます。
富士住建お知らせページ「CSR活動のお知らせ」

環境への取り組み

チャレンジ25

地球の温暖化は企業にとっても大きな問題です、弊社でも夏にはクールビズを実施するなど、温暖化対策に積極的に取り組んでいます。
「チャレンジ25」のホームページ
めざせ!1人、1日、1Kg CO2削減 応援キャンペーン

「私のチャレンジ宣言」協力企業に登録いたしました。

彩の国 ロードサポート制度に参加

「彩の国ロードサポート制度」に参加し、地域の美化活動にも積極的に取り組んでいます。
埼玉県ホームページ
「彩の国ロードサポート」のページ

エコ活動を積極的に実施

企業・個人、全てに於いてエコ活動を徹底、合言葉はもったいない。 具体的な行動としてペーパーレスを推進、プリントに関しても社内的な印刷は裏紙を使用。 社用車はエコカーを導入するなど積極的に企業としてエコ活動に取り組んでいます。

特定非営利活動法人JENの「BOOK MAGIC」に参加

富士住建のオフィスに眠っている書籍をダンボールに詰めてJENに送付その買取額がJENのアフガニスタン、イラク、ハイチ、南スーダン、 シリア難民支援、宮城県石巻市などの教育支援事業「スクールサポートプログラム」役立てられています。
特定非営利活動法人JENの「BOOK MAGIC」ホームページ
  • 企業情報
  • 社長メッセージ
  • 会社概要
  • 沿革
  • 取り組み
  • 創自(そうじ)活動
  • 富士住建の森
  • JPCオフィシャルサポーター
  • 富士住建 端数クラブ
  • 子育て応援企業
  • その他の取り組み
  • FJK会・匠
  • メディア情報
  • フルまるマーケット
  • 資料請求はこちら
  • ショールーム予約